スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

楽曲「魔法少女十字軍」について考察 

2000年頒布された秋霜玉に収録されている楽曲である「魔法少女十字軍」
2003年に出た「蓮台野夜行 ~ Ghostly Field Club」という音楽CDにも収録されています。

ZUN氏の原曲を聴きますとわかりますが悲壮的ですごく儚い曲です

下はdBuさんのアレンジ作品です。構成がとてもうまいです。感動しました。



さて本題の考察といきます。

ではこのタイトル「魔法少女十字軍」
コレはいったい何を指しているのか。

実はコレ「少年少女十字軍」をテーマとした楽曲なのです。

下記wiki抜粋です

そもそも「十字軍」とは
...中世に西ヨーロッパのキリスト教、主にカトリック諸国が、聖地エルサレムをイスラム教諸国から奪還することを目的に派遣した遠征軍のこと


以上のことからこの少年少女十字軍とは少年少女で構成された遠征軍ということです。

そしてその少年少女十字軍の運命は
マルセイユへと出発した彼らだったが、聖地へ向かうための船がなかったのは勿論のこと、満足な遠征費すら持ち合わせていなかった為、大抵極めて酷い食糧事情だった。無償で船を提供すると接近してきた商人の支援により聖地へ向かったものの、7隻の船のうち、2隻の船がサルディニア島付近で難破、無事だった船もアレクサンドリアで奴隷商人の手に渡って奴隷として売り飛ばされた。



       ____
     /      \
   /  _ノ  ヽ、_  \
  /  o゚⌒   ⌒゚o  \  全おれがないたお
  |     (__人__)    |
  \     ` ⌒´     /


こういう予備知識があると曲の本質的部分が理解できます。
一つ一つの音の意味を模索するのはとても楽しいですよ。


          ____
       / \  /\  キリッ
.     / (ー)  (ー)\
    /   ⌒(__人__)⌒ \   まぁ音楽いっぱいたのしんでください
    |      |r┬-|    |   
     \     `ー'´   /   
    ノ            \
  /´               ヽ

駄文+星蓮船の新曲 

あうー

聖白蓮さまが強すぎるですよ。

っつうかキャラデザすばらしすぎるw斬新で弾幕美もすごい。



エキストラボスの封獣 ぬえも上記同上すばらしい。
フランドールをブラックカラーリングにした様な容姿。

テーマ曲の平安のエイリアンまさにオーエンの編曲臭というか(厳密には全然違う音・構成ですw)
レトロな大正・明治・昭和における”おばけ”の擬音を音楽感に表現したというか。

恐怖そのものだと思いますね。

ZUN氏いわく激しく妖怪妖怪した古風和風哀愁を漂わせた曲というのにコメントすると
やはり妖怪妖怪といよりは”おばけ”という名詞があうなぁという感じです。
古風というのはまぁそのとうりなんですがそこまで古い感じではなく30~40年ほど前の日本の原風景というかなんというか・・・
和風というのも頷けます。まぁ上記でも記したとうりなのですよ。
哀愁感はすごくあると思います。どこか切なさ・儚さがこの曲には籠められています。なにかを必死で訴えかけているようなそれと同時に威圧感も半端ない。まさに新曲が神曲だったというわけですな(面白くない(^ω^)

しかもこの3種のテーマは全部共通点というか同義語にも取れなくもなないのですよー
なので相乗効果とでもいいましょうかなんというか作曲コンセプト(テーマ)の土台がすごい固められていると思うのですよ。すごいすばらしい作品に仕上がったと思います。

ZUN氏いわく”割と一発録音でアドリブだらけだったりするのもエキストラっぽい”

これがマジだったらまぁ天才なのでしょうなぁ。本当にいるんですね天才って。


本編の方も毎年クオリティUPしてますしねぇ Windows初作品の6作目、2002年に出た紅魔郷と比較するとすごい技術上達・進歩が目ですぐわかるほどですし
ZUN氏も長くないでしょうな もう骨になるらしいですし(ぉぃまてゐ!

神主新曲 魔法使いの憂鬱 

The Grimoire of Marisaの付録CDについている新曲です。

もう一般書店や専門店でも扱っているので早速購入。(発売日はまだらしいけどw

魔法使いの憂鬱とスプートニク幻夜が収録されています。


スプートニク幻夜は秋霜玉という2000年に頒布された作品に収録されているもののアレンジです。
なので今回は魔法使いの憂鬱を重点的に聴いているのですが

まだ数回しか聴いていないので

明確なコメントは出来ません。

どういう意味が込められているのかというのが

まだ良く伝わってきません。


今までの曲のオマージュっていうか音階が似ているって感じが第一印象。


後半のトランペットか何かのハモリ具合は結構好物です。


明日はじっくり聞いて楽しもうと思います( ^ω^ )

MIDI音源ではじめて気づく本当の音 

WAVEでばかり聴いていた過去の自分は本当におろかでした。

すばらしすぎて涙が止まらんよ。MIDI音源は神。

風神録からはMIDIがなくなっていたので死にたい気分です。

これで人生の半分は損してる気がするorz


っていうかこれにはまるともうほかの音楽に戻れないな(;^ω^)

東方とクラシックだけでもう生きていけるよ( ^ω^ )

いてもたってもいられなかった 

卯酉東海道 に収録されている 竹取飛翔~Lunatic Princess

永夜抄のとぜんぜん違う。

五感が騒ぎ出す。人間でよかった。耳がついていて良かった。

涙が溢れ出す。幸せだ。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。