スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

駄文+星蓮船の新曲 

あうー

聖白蓮さまが強すぎるですよ。

っつうかキャラデザすばらしすぎるw斬新で弾幕美もすごい。



エキストラボスの封獣 ぬえも上記同上すばらしい。
フランドールをブラックカラーリングにした様な容姿。

テーマ曲の平安のエイリアンまさにオーエンの編曲臭というか(厳密には全然違う音・構成ですw)
レトロな大正・明治・昭和における”おばけ”の擬音を音楽感に表現したというか。

恐怖そのものだと思いますね。

ZUN氏いわく激しく妖怪妖怪した古風和風哀愁を漂わせた曲というのにコメントすると
やはり妖怪妖怪といよりは”おばけ”という名詞があうなぁという感じです。
古風というのはまぁそのとうりなんですがそこまで古い感じではなく30~40年ほど前の日本の原風景というかなんというか・・・
和風というのも頷けます。まぁ上記でも記したとうりなのですよ。
哀愁感はすごくあると思います。どこか切なさ・儚さがこの曲には籠められています。なにかを必死で訴えかけているようなそれと同時に威圧感も半端ない。まさに新曲が神曲だったというわけですな(面白くない(^ω^)

しかもこの3種のテーマは全部共通点というか同義語にも取れなくもなないのですよー
なので相乗効果とでもいいましょうかなんというか作曲コンセプト(テーマ)の土台がすごい固められていると思うのですよ。すごいすばらしい作品に仕上がったと思います。

ZUN氏いわく”割と一発録音でアドリブだらけだったりするのもエキストラっぽい”

これがマジだったらまぁ天才なのでしょうなぁ。本当にいるんですね天才って。


本編の方も毎年クオリティUPしてますしねぇ Windows初作品の6作目、2002年に出た紅魔郷と比較するとすごい技術上達・進歩が目ですぐわかるほどですし
ZUN氏も長くないでしょうな もう骨になるらしいですし(ぉぃまてゐ!

この記事へのコメント

コメントをお寄せ下さい

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://kai1993.blog90.fc2.com/tb.php/305-b305b345

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。