スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「ROOKIES」が映画化、再び甲子園目指す 

26日に最終回が放送されたTBS系連続ドラマ「ROOKIES」が、「ROOKIES ~FINAL~」(仮題)として映画化されることが決まった。東宝系で来春公開。視聴率も平均14・3%と好調で、スペシャルドラマが今秋放送される。
 連ドラは、不良が集まった二子玉川学園高野球部の2年生の夏の大会が終わり、監督の川藤幸一(佐藤隆太=28)が学校を去るところで終わった。映画は生徒たちが3年になり、川藤が戻ってきて、再び甲子園を目指すところから始まる。
 主演の佐藤は「奇跡です。僕にとって、ずっとやりたかった作品。ドラマが終わったらポカ~ンとしちゃうのかなと思っていたけど、映画があるということで自分を保っていられます。夢の続きがあるのはうれしいですね」。生徒役の市原隼人(21)は「この作品は僕の故郷で、ありのままの自分でいられる場所です。(映画化)はうれしい。胸がキュンとします」と話した。
 石丸彰彦プロデューサーは「テーマは『最後の夏、卒業』です。高3の春から夏の大会、そして卒業までを描きます。ストーリーは漫画原作の森田まさのりさんとも話し合って、オリジナルにします。連ドラでやり残したことを、映画では舞い上がらず、落ち着いて描きたい」と説明した。
 キャストは監督役の佐藤を始め、市原、小出恵介(24)城田優(22)らドラマとほぼ同じ。石丸氏は「主要キャストは同じにして、新たなキャラクターを加えることで生まれる化学反応に期待しています。大きな反響があった作品なので、ファンの反応を裏切らないものにしたい」と話した。



7月27日10時9分配信 日刊スポーツ

この記事へのコメント

コメントをお寄せ下さい

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://kai1993.blog90.fc2.com/tb.php/147-2ee55652

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。